おせちが嫌いで好きな料理ばかりリクエスト、おせちを作る母を困らせる

私は現在39歳の男性です。おせち料理にまつわる思い出はいまから遡ること30年以上も前の昔。私が小学生くらいの子どもだったころ、正月のおせち料理が嫌いでした。数の子や黒豆とか海老とかレンコン。いわゆる縁起物として新年を迎えた時に食べるおせち料理がどうしてみんなそんなに楽しみにしているのか、不思議に思っていたくらいです。

おせちは嫌!ハンバーグいい、意地でおせちを食べなかった子ども時代

我が家のおせち料理は母が1人で頑張って作っていました。前日の大晦日から仕込み始め、夜遅くになるまで頑張って手作りおせちを作り、元旦の朝に家族へ振る舞ってくれました。それが今でこそとてもありがたいと思えるのですが、子どもの頃、そんな忙しい母を脇で私はおせち以外の自分の好物をリクエストしていました。

ハンバーグとかカレーとかラーメンとか。そのような、いかにもおせちからかけ離れたメニューをお願いして母を困らせたりしていました。それでリクエストが叶わないと母が丹誠込めて作ったおせち料理にいっさい手を触れず、席を立ってしまったこともあります。

周りの家族からは冷たい目で見られるのですが、何故か私もムキになって意地でもおせち料理を食べないぞと決め、元旦でも開いていたお店でお菓子を買って食べていたことを思い出します。今、もし逆の立場だったら私の場合、つい怒鳴ってしまいそうなものですが、母は特におせちのことについて私に何かを言いませんでした。今思えばきっと悲しかったのだろうと思います。

年とともにおせちの美味しさがわかるように、母のおせちは最高

それから時が過ぎ、いつしか自分自身もおせち料理が美味しいと感じられる年頃になりました。結婚して実家を離れてみると、あの母に対して行なった振る舞いがいかにひどいことをしたのかが分かります。特に結婚してからは自分も家で夕食など料理をすることが増え、母と同じく家族のために作った料理、それも一晩前から仕込んでいた料理にひとつも手を伸ばしてくれなかった時の思いを考えると、胸が締めつけられるような思いに駆られます。

今でも母は実家で元気に暮らしています。そして今のご時世になってもどこかでおせち料理を買ってくるのではなく、自分の手でおせち料理を作っています。私たち家族も正月になると実家に帰り、母のおせち料理を楽しみにしています。そして母のおせち料理を目にするたび、子どもの頃の自分を思い出します。

いつか母にきちんと謝ろうと思いながら、実はまだ謝ることができていません。喉もとまで「あの時はごめん」という言葉が出てきているのですが、何だかやはり気恥ずかしいのです。その言葉を飲み込むようにして僕は今では好物になった母自慢の黒豆を口に頬張ってしまうのです。

カテゴリー: おせちの思い出