コンビニおせちの美味しさに目覚める!スーパーのおせちにはもう戻れない

34歳(女性)です。私は2年前からコンビニでアルバイトしています。そのため2年前からおせちを購入するようになりました。私がアルバイトをする前は、コンビニのおせちは高くて美味しくないというイメージがありました。安いもので1万円くらいでしたし、高いものだと3万円以上もします。

コンビニおせちの黒豆を食べてわかった、スーパーの単品黒豆は硬い

コンビニのおせちを買うなら、スーパーでバラのものを買い揃えたほうが安いと感じていました。確かにそうかもしれません。しかしコンビニのおせちを食べてみて気づきましたが、味は超本格的でした。今まで食べていたスーパーのバラのおせちとは比べ物にならないくらい高級な味がしました。

特に美味しいと感じたのが黒豆でした。黒豆なんてどこで購入しても同じだろうと思っていました。しかし食べてみると豆がとても柔らく皮が邪魔にならないほど柔らかく、黒豆一つに感動を覚えた自分がいました。量が少ないのもありますが、一粒ずつ味わって頂かなければならないと感じるほど貴重な味がしました。

今までは黒豆は母が作ったものやスーパーで売られているものを食べていました。それなのでスプーンいっぱいにお皿に分けてばくばく食べるという感じでした。味はまあまあでしたが、豆の状態は皮が破れていたり硬かったりとひどいものでした。それがコンビニの黒豆を食べて気づいたことです。

コンビニおせちが美味しい訳は、日本全国から選び抜かれた食材を使用しているから

かまぼこもスーパーのものとは弾力が全く違いました。栗きんとんも安納芋を使用しているため甘さが全く違いましたし、今にもとろけそうなとても柔らかい感触がありとても美味しかったです。栗自体もスーパーのような、モサモサ感がなくてしっとりしていました。何よりも安納芋で作った餡が本当に素晴らしく美味しかったです。

数の子もスーパーのものに比べると大きくて弾力がありました。塩使いもちょうど良くて上品なお味でした。私がコンビニのおせちが最高に美味しかったことを実家の母に話したところ、翌年は実家でもおせちを購入してもらえました。コンビニのおせちで使っている食材が、どこの都道府県の何という風に案内されているので、全国から選び抜かれた高級食材がふんだんに使われ本当に日本中から集められた味なんだと実感します。

今までは何も考えず、ばくばくと食べていたおせちに対する印象が大きく変わるきっかけになりました。年に一度お正月しか食べられない料理ですので、やはり一つ一つ上品に味わって食べなければならないのだということを教えられた気がします。来年もコンビニのおせち料理を頼みたいと思います。

カテゴリー: おせちの思い出